2010年01月16日

更新情報

ども、いらっしゃいませ。深月(みずき)のエレカシライブレポ置き場です〜。


かなーりあっさりですが、新春ライブの1日目をアップ。
今年の新春は、この日だけの参戦です。
もう、お金なくってねー(笑)



※注意。
レポとはいっても内容は非常〜〜〜に主観的だったり、色眼鏡でゆがんでたり、はたまた全くの覚え違いのことも御座います。話半分で笑い飛ばして頂ける方のみ、この先へどうぞ。
エレファントカシマシという存在を神格化したり、崇め奉っていらっしゃる様な方には、とてもお薦めできませんので、ご遠慮下さいませ。
posted by 深月 at 01:13| notice | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

新春ライブ2010@C.CLemonホール

去年はお休みした新春ライブ、今年は2daysにボリュームアップ!
ボリュームアップしたというのに、チケット争奪戦のすごかったこと。
去年の野音ライブの状況を顧みれば想像に易かったわけで。野音よりキャパ小さいし。

今回は8日のみの参戦。
開場時間に到着して、久々に顔を合わせた人々と世間話を少々。相棒が到着したので、列の無くなった頃にのんびり入場、着席。
いやー、なんて心穏やかな開演前だろう。2,3年前まではライブ前といえばハラハラして落ち着かない時間を過ごしていたというのに。
ここのところエレファントカシマシが安定していて、ミヤジの機嫌もいつも良いからなのか、はたまた自分のエレ熱がぬるいが故なのか。やっぱ両方かな(^^;


いつものごとく10分おしでスタート。
いつも何もないステージ奥に、暗幕がひいてあった。
続きを読む
posted by 深月 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | '10ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

'09 日比谷野外音楽堂 二日目

朝のうちに雨は止んだけれど、空はどんより曇ったまんま。
どうか降らないでくれと祈りながら、でも合羽と折りたたみ傘はしっかり持って出かける。
きょうも開演5分前に到着。きのうと違って入場の列はなく、すぐ中に入ることができた。よしよし、スタッフも勉強したのだな。
楽屋花を改めて見るとチャットモンチーから来ていた。
他はメディア関係ばかり。他の対バンからは無しかあ。以前はよく見かけた大杉漣さんからの花も無くて残念。

特に狙った訳ではなく、ふつうどおりに行動すると何でもギリギリなアタシだが、今回の野音2daysはギリギリに行って良かったとココロからおもった。
ライブ中レア曲を聴く度に「これが来るか〜!」という感動をたっぷり味わえたからだ。
リハでのネタバレもこれまでは全く気にせず、逆に嬉々として聴きに行っていたものだが、これからはちょっと考えちゃうなあ。

きょうのお席はBブロックの前半。石くん側のうんと端っこだけど、きのうに比べたら雲泥の差!近い〜〜〜(嬉)
問題は石くん側はトミが見えにくいということだけだ。
シンバルで顔が隠れるか、石くんが被ってしまうかで、かなり難しい位置なのだ。
トミがよく見えるベストポジションは成ちゃん側の中央寄り。決してドセンターに行ってはいけない。ミヤジによる皆既食が起こってしまうからである。
ドラムセットとマイクの位置をしげしげ観察したところ、シンバルは問題なさそうだが、石くんが被りそうな予感。
ハラハラドキドキ、でもわくわくしながら開演を待つ。
続きを読む
posted by 深月 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | '09ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

日比谷野外大音楽堂 一日目

朝遅くに起きたら、曇っていた。
一日中晴れマークで、降水確率0%だと言ってたのに、天気予報の嘘つき。
どう見たってこりゃあ降るだろってくらいの重く垂れ込めた空。
案の定、遅めのお昼を食べる頃には降り出してしまった。

マグに熱いお茶を入れ、厚着して出かける。
ちくそー、前日までは秋晴れで暖かい日が続いてたのに〜。
近所の100均で丈の長い雨合羽を買い、日比谷へ向かう。
霞ヶ関駅で下車し、カッパを羽織って外へ出ると、すでに日は暮れて辺りは暗かった。

開演時間5分前に会場に到着するも、未だに入場の列が「絶対間に合わないじゃん!」てくらい長く伸びていた。
案の定、アタシが入場した時点で5分オーバー、席に辿り着いて荷物を置いたら10分オーバーで、すぐにメンバーの登場となった。

* * *      * * *      * * *


席はCブロックの最後列から二番目。今までで一番後ろの席だけど文句は言えない。今回はFCでも抽選にはずれて買えなかった人もいるんだから。
しかし遠い。
メンバーが出てきたのは判るが、顔はまったく見えない。
ミヤジと成ちゃんが黒の上下、トミが黒っぽいTシャツ(グッズTだったらしい)、石くんが紺のTシャツってのがやっと判る。
続きを読む
posted by 深月 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | '09ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

COUNTDOWN JAPAN@幕張メッセ

今年もやってきました、幕張へ!
03/04から今年08/09まで6回目、毎年1日だけだけど皆勤だ。
この4人のために毎年幕張へ来ている訳だが、以前のように心配したり不安やハラハラ感はなくなってきた。・・・まあ、厳密にいうとゼロにはなってないんだけども。
純粋に「たのしみ♪」とおもえるようになったというか。

続きを読む
posted by 深月 at 01:59| Comment(5) | TrackBack(0) | '08ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

JCBホール1日目

 エレファントカシマシ今年最後のワンマンライブ、2days。
 一日目のきょうは、金曜だというのに開場18時の開演19時。社会人にやさしくないぜ。
 チケットの番号も3桁とはいえさほど悪くなかったし、1時間ほど早めにあがらせて貰って(つまり1時間分の時給を棒に振って)、水道橋へと駆けつけた。

 なのに入場がかなりざっくりとしたやり方で、あっという間に順番が過ぎていった!焦ったけど人垣がすごくて入口までなかなか行けず、結局30番ほど後ろの人たちと一緒に入ることになってしまって大ショック。
 しかし中に入ってみれば、ハジの方だけど2列目につけたので結果オーライで。

 今回のSEは、80年代のヒットソング。Culture ClubやABC、Princeがかかっていて、当時は洋ものPOPSにかぶれていたアタシはずいぶんと嬉しく懐かしかった。
 長い1時間をやり過ごし、定刻の5分前にスタッフが楽器のチェックに現れた。いつもより早い!もしやきょうは定刻どおりか、5分押しくらいでスタートするかな?と期待したが、結局いつも通りに10分押しで客電が落ちた。


 場内が暗くなったとたん、後ろからの圧力がドーン!むぎゅぎゅっとセンター寄りに流された。しかも前がちっちゃい女子のところにはまったので、視界良好♪
続きを読む
posted by 深月 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | '08ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

SWEET LOVE SHOWER 2008@山中湖交流プラザきらら

エレファントカシマシの前後、イベント自体のレポは本館(このみちはどこへつづく)をご覧くださいませ〜。


 EGO-WRAPPIN'をおもいっきり楽しんでから移動したので、既にLAKESIDEステージのスタンディングエリアはかなり混んでいた。成ちゃん側、つまり下手側まで行くのは大変そう。石くん側はトミが見えないのだ。シンバルを避けてここなら大丈夫そうとおもっても、今度は石くんが邪魔をする・・・。

 そうこうしてるうちに、メンバーの登場〜。石くんは普通っぽい茶髪、グラサン無し。成ちゃんは最近のトレードマークの帽子、トミは黒Tでおかっぱみたいな可愛いあたま。最後に登場の御大は白シャツ。
 雨も殆ど降ってるとは言えないほどになり、このまま止めばいいのにと厚い雲の垂れ込めた富士山のある辺りを見遣る。まあ、無理だろうけど。
続きを読む
posted by 深月 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | '08ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

大阪城音楽堂2008(前編)

 東京も暑い日々が続いていたが、大阪の暑さは輪をかけて厳しい。まさに酷暑だった。
 音楽堂の最寄り駅が森之宮だということを忘れ、大阪城公園駅で下車してしまったアタシ。ホームにはぽつんぽつんと女の子が立っていて、「チケット譲ってください」と書かれた紙やボードを掲げている。
「ああ、エレカシもとうとうここまで売れてきたのね」と感無量・・・・・ん?よく見たら、「B'zの」と頭に書いてある。な、なあんだ。きょうの城ホールはB'zなのね。ははは。

 念のため改札を出る前に「野音へ行くにはこの駅でいいんですか」と駅員さんに訊いたところ、「この駅が最寄りです!」と言い放ちやがった。まんまと改札を抜けてしまったアタシは、外に出た瞬間に「違う!」と悟った。
 あの若造駅員め。しかし物言いをつける気力もなく、油照りの公園内を歩き出したのであった。
続きを読む
posted by 深月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '08ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

恒例・夏の野音2008@日比谷野外大音楽堂(後半)

 はて、このへんだったか、もちょっと早いウチだったか?定かでないが、ミヤジのアコギで即興曲。
「どの曲を演ろうかと楽しみにしてました、日比谷のやおん〜♪」とか、そんなカンジの。実は歌より、そのあと披露されたメンバーのソロの方が印象的で。そう。うわー、なんかロックバンドみたい!(失礼な)
続きを読む
posted by 深月 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '08ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恒例・夏の野音2008@日比谷野外大音楽堂(前半)

 恒例・夏の野音は、今年で19回目だそうだ。すごい!! ファン歴8年のアタシなんか、半分も体験していないのだ。悔しいなあ。
 そしてこの梅雨時、しかも6月28日は雨の特異日(!)だというのに、とうとう降らなかった。毎年野音といえば梅雨時期か、秋の長雨の時期に開催されることが多いけど、実際に降られることは少ないような気がする。
 2001年から毎年参戦しているが、カッパ参戦したのはたったの1回。空梅雨だった年もあったけど、開演直前に止むとかね。終演後にアンコールを拒否するかの如く降り出すってこともあったなあ。

 曇り空の下、余裕で間に合うってのについ小走りになってしまうアタシ。さっきまで原宿で、他のバンドのライブだったのだ。(詳しくは本館をご参照ください。)
 ちょっと蒸すけど時折風も吹く、まあまあ過ごしやすい日になった。16時半頃に千代田線の霞ヶ関駅から地上へ出ると、公園に入る前からリハの音が聞こえてくる。“真夏の星空は少しブルー”だ。しかもちゃんとミヤジが歌っている。
 図書館の横を通り、開場前の砂利道へ出ると・・・うわっ、すごい人・人・人!あまりの人の多さに吃驚する。ファンが増えてるんだということを実感。
続きを読む
posted by 深月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '08ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。